日本の景気回復

自費出版から書店流通まで、現場のプロと創る本。

私の希望に対し適切なアドバイスを頂き、一般商業誌と引けを取らないクオリティの仕上げて頂きました。
地元紙にも取り上げられ、TVからの依頼もいただくことになりました。
横浜市在住 向 様

上記でご紹介させて頂いたお客様は趣味で写真を撮り続けていたサラリーマンの方。
時間を見つけてコツコツと作品を撮り貯めていたアマチュアカメラマンでした。
しかし、今では地元でベストセラーの写真集の著者。今だに問い合わせの絶えないヒット作の著者になったのです。

お客様は仰います。

「自分の作品が地元ベストセラーになるなんて夢にも思わなかった」

ここまでお読みになられてこのお客様は運が良かっただけだと思いますか?

答えはノーです。

ご自身の持っているコンテンツ(作品)とそれを求めている読者の方に適切に届けることができれば、同じような結果を出すことは可能なのです。

その中でも、あなた様の本を求めている読者の方がより近ければ近いほど、例えば「地元」などといった
キーワードが見つけることができれば、あなた様の書籍を数多くの方に届けることがより現実的になってきます。

 

今まで弊社で出版・製作してきた書籍には様々なものがございます。

ちなみにどんな書籍かと言いますと

  • 地元を大胆かつユーモラスに描き上げた鳥瞰図  1店舗で 販売部数 累計2000部
  • 地元の生活情報を1冊にまとめたありそうでなかった生活便利帳  販売部数 累計2000部
  • 地元の歴史を舞台にしたライトノベル   発売1週間で200部販売

 

などがございます。
何十万部、何百万部の全国ベストセラーと比べるとかなり少ない冊数です
全国的なベストセラーも一般的な店舗での1店当たりの売り上げ冊数は数部から多いところで数十部。

それに比べれば上記の結果は破格の売り上げ冊数なのです。

それでは、なぜそのような結果を生み出すことができたのか?

それは、昭和初期から書店を経営してきた実践的な現場ノウハウがあるからです。

言い替えますと

書店から見て売れると思う本づくりをしているからなのです。

弊社の自費出版サービスは長年培った書店ならではの視点やノウハウ、に加え現役の広告専門家や編集者、ライターといったプロフェッショナルとタッグを組み自費出版のお手伝いをさせて頂いております。

書店の現場経験から「本屋から見ておいてみたい本」のアドバイスに関しては自信があります。
書店経験があるからこそ、書店流通に向いている書籍、向かない書籍なども具体的にアドバイスさせて
頂くことができます。

例えば、前出の写真集を制作されたお客様は書店での販売を希望されていたため、お持ちいただいたモチーフを前提に
お客様と打合せを重ね、お客様自身の中にある「あるもの」とその本をお求めになっているお客様が持っている
「あるもの」を現場経験から見出し、それを作品に昇華することで上記の結果を生み出すことができました。

現在様々な自費出版のお手伝いをさせて頂く会社様がございます。
その中でも書店の現場経験が豊富な自費出版をお手伝いさせていただく会社はほとんどないと思います。

現在年間8万点にも及ぶ書籍が出版されています。長年数多くの書籍と書籍をお買い上げいただいた
お客様に触れてきた現場での実績と経験はきっとあなた様の本作りにお役立ていただけると思います。

もしご興味をお持ちいただき,資料請求ご希望の場合は左側の「資料を請求する」のボタンをクリックしてください。また本作りのご相談をご希望の場合は右側の「無料相談をしてみる」をクリックいただければ幸いです。出版アドバイザーが懇切丁寧にご質問にお答えさせて頂きます。